りた郎のblog

会社員のキャリア、鎌倉、その他思いついたことのゆるっとしたブログです。

なぜ40代で転職するのか?

f:id:ritaoykdc:20191005202956j:plain

40代が転職を目指す動機は?

40代と言えば、家族もあり子供もいて会社でも責任のある立場の人も多いと思います。

そんな40代がなぜ転職を考えるのか?

良く聞くのは「自分が正しく評価されていない」「こんなハードな仕事は定年まで続けられそうにない」「今の部門・上司のもとでは出世が望めない」など、ネガティブな動機が多いと思います。

かくいう私も40代で2度転職していますが、どちらもきっかけはネガティブな動機でした。

でもそれでいいと思います。不満たらたら、あきらめ半分で今の会社を続けるよりも、自分の力で自分の未来を変えようとするほうがよっぽど前向きだと思います

ただし、40代ともなるとハードルは大きくなります。面接を通過することはもちろん、家族の理解を得ることがとても大切・大変なことになります。

そこまでして自分が転職すべきなのか、自分は何を実現したいのかをはっきりとさせること、そして「絶対に転職する」と覚悟を決めることが何よりも大切なことだと思います

 

今の会社でやりきったか?

良く本に書いてあることですが、なぜやりきることが大切なのでしょうか?

それは面接で必ず聞かれるからです。現職の環境が悪かったとしても、自分としてどんな改善行動を具体的に行ったのか、それはそのまま新しい転職先で何かあってもあきらめずに行動を変え続けることができるかの「最も確実なエビデンス」だからです。

何を目標として、どんな具体的行動をして、どんな結果が出たかを詳しく語れるかどうかを面接官は見ています。実は結果は失敗で終わってもOKです。大切なのは失敗の原因が何か、次やるとすればどうすれば成功するかをロジカルに語れることなのです。それは、本気でやりきった人しか語れないことなのです。

 

40代の転職は難しいのか?

最近、「40代の人材が求められています」など、転職サイトや人材紹介の広告でよく目にすることがあると思います。

私自身、34歳、44歳、47歳で転職をしましたが、10年前は40代の転職は今ほど盛んではなかったと思います。確かに40代の転職がポピュラーになっては来ていますが、誰でも望めば転職できる状況ではないと思います。

40代にもなると、マネジメント経験か突出した専門能力のどちらかが求められます。マネジメントも、上に言われたことを下にやらせるのではなく、全社的な視野で自分の部門をどうすべきかを考え、実現のための戦略と具体策を打ち立て、メンバーをして達成しきる実力を求められます。

また、たとえ実力があっても、転職とはタイミング・運も大きく影響をするので、その中でも決してあきらめず活動を続けるには強い意志が必要になります。

「ただひたすら地道にやってきた、人に語れるような成功談はないが確実に成長してきたし、周囲から認められてきている」という人は、40代の転職は可能なのでしょうか?

実は、40代であっても行き先をそれほど選ばないなら転職ができる可能性はあります。ただ年俸や家族の理解、自分を活かせる職種・望む環境を高い次元でかなえようとするから難しいのだと思います。

 

40代の転職は決してあきらめる必要はない

40代の場合、「なんとなく転職活動もして、いい条件があったら転職してもいいかな」というレベルの方は、よっぽどのハイレベル人材以外、難しいと思います。

 

転職は目的ではありません。転職は幸せで豊かな人生を送るための「1手段」でしかありません。

「自分はこのような環境で働ければイキイキする!」「自分はこのような経験が得られればやりがいを持って働ける!」「自分のやりたい仕事はこんな仕事だ!」という、自分が転職で求めることがクリアになり、明確にプライオリティがつけられたとき「絶対に転職してやる!」というガッツと行動が生まれます。

そのガッツと行動があなたの転職力を確実に向上させます。

 

いつの日か、その手に内定をつかむことを目指して頑張りましょう!

 

f:id:ritaoykdc:20191006032641j:plain

 

www.ritaro.jp