りた郎のblog

会社員のキャリア、鎌倉、その他思いついたことのゆるっとしたブログです。

40代の面接準備①(面接内容・面接官の事前確認)

f:id:ritaoykdc:20191020000947j:plain

面接は一世一代の大勝負

企業側が忙しい中であなたを面接に呼ぶことは、採用の可能性があると言うことです。
その時点での志望度合いに関わらず、全ての面接に全力で取り組みましょう。

なぜなら全力で取り組むからこそ、結果が出たときにその面接の成功要因・失敗要因が見えてくるからです。

それを改善できれば確実にその後の面接通過の可能性がアップしていきます。

 

面接は限られた時間であなたの魅力をアピールする必要があります。準備が不足していると、たとえあなたに実力があっても面接官に響くアピールができません。

面接は「一世一代の大勝負」と思って、十分に準備して臨みましょう

 

面接の事前準備

面接の準備は大きく分けて以下の通りです。

1.面接日・時間・場所の確定

2.面接官・面接内容の確認

3.志望企業の研究

4.志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチング

5.想定問答

6.持参書類の準備

7.面接場所の確認・その他緊急対応の事前確認

 

f:id:ritaoykdc:20191020012455j:plain

 

1.面接日・時間・場所の確定

現職が忙しいとつい後送りしたくなりますが、候補者は他にもいることを覚えておいてください。

一方、自分が複数応募していている場合、他の面接の進み具合と調整する必要もあります。理想は複数社の内定が同時期に取れ、その中から選べるのがベストですが、常に良い案件が来るわけではないので、よく考えて上でアポ日を設定しましょう。

アポ日はなるべく複数候補を出すことで先方の調整もしやすくなりなります。

 

また最終面接などは役員・社長などが出る場合も多いので、なるべく先方の業務時間に調整することが必要です。

 

2.面接官・面接内容の確認

面接は全部で何回あるのか?今回はその中のどの段階で何を判断されるのかを把握しましょう。

また、面接の内容を推測するにあたって、面接官が応募企業のどの部門のどの役職の方か、またその人数等を必ず事前に把握してください。

面接官の主な役割は以下の通りです。

 

■人事部門担当者(人事採用担当者、人事部門管理職)

人物、スキル、勤務希望条件、志望度合いなどを総合的に確認し、2次面接に上げるかどうかを判断する。1次面接が主担当だが、2次・3次にアテンドすることもある。

ここでいい印象を持たれると、配属部門に対してプッシュしてくれたり、2次面接・3次面接の面接内容や面接官の特徴などの情報を提供してくれることも多いので重要。

 

■配属予定部門担当者(配属予定部門の管理職等)

主に実務経験・スキルを詳細にチェック。また、任せたい具体的な仕事内容や部門における課題など共有をしてくれて、それに対する応募者の返答により「入社してから実際に活躍できそうか?」を見ている。

実務に詳しいベテラン社員などが同席することもあり、仲間として気持ちよく一緒に働けるか?という視点で見られることも多い。

 

■役員面接(配属部門の管掌役員・執行役員・取締役など)

人物・実務経験などを総合的にチェックし、内定出しの最終判断を行う。実務上の経験・スキルは2次面接などで確認済みなので主には人物像、特に「うちの会社に合う人間か?」を見ている。

観点としては、部門に新風を吹き込んでくれる「リーダーシップ」と、自社の風土に適応する「柔軟性」をバランスよく兼ね備えているかを見ている。

 

また、採用における費用対効果の目でも見ており、どれぐらいの年収まで許容できるか?すぐ辞めるようなことはないか?という観点でもチェックしている。

中途採用における年収決定は、年齢や役職、保有スキルなどにより大まかなガイドラインはあるが、どこまで上げられるかは実質的にこの役員の一言で決まってくることも多いので好印象を残すことがとても重要。

 

このクラスの方は独自のポリシーを持っている方も多いので、その方の思想や、どんな人物が好みなのかを事前に押さえておくと有利。

社外においても有名であること多いので、googleで人物検索したり、facebookなどのSNS情報も事前に把握しておきたい。 

 

以上のように、面接官・面接のフェーズで見られる観点が変わってくるので、今回の面接はどの面接なのかを事前に把握しておくことが非常に重要です。