りた郎のblog

会社員のキャリア、鎌倉、その他思いついたことのゆるっとしたブログです。

40代の面接準備④(志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチング)

f:id:ritaoykdc:20191027222702j:plain

 

ここでは志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチングについて見ていきましょう。

 

 <40代の面接の事前準備>

1.面接日・時間・場所の確定

2.面接官・面接内容の確認

3.志望企業の研究

4.志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチング

5.想定問答

6.持参書類の準備

7.面接場所の確認・その他緊急対応の事前確認

   

志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチング

志望企業の研究を通じて企業がどんな人材を欲しているのかが分かったと思います。ここではその企業が欲する人材像に対し、あなたがどのようにマッチしているのかを論理的に紐づけていきます。
この作業をするときはこれまでのキャリアこれかからのキャリアの2つに分けて考えると良いでしょう。
 

1.これまでのキャリアのマッチング

面接官はあなたのこれまでの経験・知識・スキルが自社が望む人材像とマッチするかを応募書類と面接で確かめます。
面接官はあなたの職務経歴書を見てキャリアの概要は理解しています。
面接官があなたに直接会って面接をする理由は、その職務経歴書に書かれた内容が「実際のところどうなのか?」(本当なのか?)を確かめることにあります。
「実際のところどうなのか」とは、具体的に言えば次のようなことです。

・自分から意図して(望んで)行ったことなのか?与えられたミッションなのか?

・実際にあなたがやったことは何なのか?

・なぜ、それやったのか?

・具体的にやったことは何なのか?

・成果が出たのか?出なかったのか?

面接官の質問には上記のようなことを知りたい!という意図があることを良く覚えておいてください。あなたは面接官が聞きたい内容に即して自分のこれまでの経験を簡潔に、かつ適切に伝える必要があります。
そのためには、経験・スキル・知識の関係を以下のように考えてください。
 
  業務経験 → スキル・知識
 
「~の業務経験から、~のスキルや~の知識が得られた」という構図です。この関係性がしっかり説明できないと、職務経歴書に書かれている内容に疑いをもたれてしまします。大切なのは、この関係を簡潔に話せること、突っ込んだ質問があったら掘り下げて詳しく話せることです。
 
業務経験を整理するときには3つの軸を使ってみましょう。
  1. 経験の幅
  2. 経験の深さ
  3. 経験の長さ
「経験の幅」とは、ある職務経験の中でどんな種類の業務をしていたか?ということです。
例えば人事業務には、採用、研修、勤怠管理、給与計算、制度設計など様々な業務がありますが、そのうち実際に行ったのはどれなのか?ということです。
 
「経験の深さ」とは、その業務にどれぐらい深くかかわったのか?ということです。たとえば、
・自分一人で行ったのか?メンバーの一人だったのか?
・作業工程の上流だったのか下流だったのか?
・作業員だったのか?統括者だったのか?
・あなたの前工程と後工程とどれぐらい関わりあったか?
・外注のマネジメントなのか?全て自社内で行ったのか?
・連携する部署はどれぐらいか?社外も含めた関係者はどれぐらいか?
 
というようなことです。
 
「経験の長さ」は文字通りどれぐらいの年月その業務に携わったかと言うことです。1つの会社でどれぐらいなのか、またはキャリア全てを通じてどれぐらいの年数に携わっのかということを整理しておきましょう。
 
また経験の内容を語るときは思いついたことをベラベラとしゃべるのではなく整理をして伝えることが重要です。そのために経験の内容を次のように頭の中で整理をしておきましょう。
・その時にどのような課題があったのか?
・その課題を解決するためにどのような目標を設定したか?
・そのためのタスクをどう設定したか?
・それをどのようにタイムスケジュールに落としたか?
・それをどのように実行し、管理したか?
・結果はどうだったか?
 
また、経験を数字で語れるととても有利です。どれぐらいの期間でどれぐらいの数字を向上させたのか、それが明確であればあるほどあなたの経験・スキル・知識の信憑性が高まります。
 
 
上記であなたの経験・スキル・知識が整理できたら、改めて企業が今回の求人で望む人材像を読み返し、それに対応する自分の経験・スキル・知識を紐づけておきます。
 

2.今後のキャリアのマッチング

あなたが望んでいる今後のキャリアと、応募企業があなたに望むキャリアがマッチするかを確かめます。
 
まずあなた自身が今後どのようなキャリアを望むかを考えます。
40代は思いつきで「~をやりたい!」と言えるような年齢ではありません。
ここであなたは今後自分が本当に何をやりたいか考えつつ、それはこれまでのキャリアとどのようなつながりがあるか?自問してください。
「~の経験をして、さらにステップアップするために~をやりたい」「前職でできなかった~をやりたい」「今の仕事で課題に思っていたことを、~のポジションで実現したい」など、これまでやっていたこととこれからやりたいことを結び付けて語れるように頭の整理をしましょう。
面接官はその一連のストーリーが見えた時、あなたの人となりを理解し、信頼感を覚えます。
 
次に企業が今後あなたに望むキャリアを理解しておきます。
求人要件書では大まかなことだけ書かれているケースが多いので、可能であればエージェントに聞いておくと良いでしょう。
また志望企業の研究をもとに、自分自身で想像しておくことも大切です。会社の進むべき方向性、配属部門の進むべき方向性から、あなたが進むべき方向性を想像します。
 
そして、あなたが望んでいる今後のキャリアと、応募企業があなたに望むキャリアがどのような点でマッチしているのかを明確にします。
 

運命を感じる

これらの一連の作業すると、これまでの自分のキャリアはまるでこの会社に入るために作られてきたのかもしれない、と思えるようになることもあります。
そのレベルまで達すると面接管からからどのような質問が飛んできても、あなたの頭の中から適切な経験を引っ張り出し、答えを伝えることができます。
 
「志望企業の人材ニーズと自分のキャリアのマッチング」は、ただ単に受かるための準備ではなく、今一度自分の来し方を考え、それと自分が入ろうとしている企業が本当に合っているのかを確かめ、より一層志望動機を明確にするフェーズでもあると覚えていてください。