りた郎のblog

海、ディンギー(ヨット)、鎌倉、転職など思いつきブログ

鎌倉紅屋の地味キャラ「あじさい」はおいしいのか?!

鎌倉紅屋さんと言えば「クルミッ子」が有名ですが、その影に隠れたお菓子達はどれだけおいしいのでしょうか?

今回は「あじさい」という商品を食してみたいと思います。

f:id:ritaoykdc:20210309005236j:image

もう箱から地味、失礼、とても落ち着いた佇まいでございます。

リスくんがそのフォーマルなデザインを少しだけポップにしてくれています。

リスくんがいなかったらもう、お香典返しのような落ち着き具合です。

 

個包装もマットな感じの落ち着いた、上品なデザインです。

f:id:ritaoykdc:20210309005458j:image

 

中身はパッと見、単なるサブレーみたいなものにアーモンドチップを乗っけた何の変哲もないお菓子に見えます。

f:id:ritaoykdc:20210309005524j:image

で、実食。

 

ん?

なんか硬い。

サブレーとは明らか違う、コクッ、ザクッとした歯応えがあります。でもよくよく感じてみると表面はしっかりした歯応えですが裏面はそれよりソフトできめ細やかな舌ざわり、その硬めと柔めの歯応えのハーモニーが絶妙ではあ〜りませんか!(^ ^)

そのコリコリした歯応えを楽しんでいると、

なんかサブレーとは明らかに違うとってもミルキーな風味と甘味がお口いっぱいに広がってきましたよ〜

ん〜なんかこれは想定外にうまいぞ?!

 

パンフによると生地はサブレーではなくてスポンジ生地と言うこと。

それに練乳ソースを塗り込んだものを一晩乾燥させて仕上げたらしいです。練乳を混ぜ込むのではなくて、表面に塗り込んでいるのがポイントですねー

どうりでコクのあるミルキーな味わいを醸し出しているわけです(^ ^)。

 

いやー、じっくり味わうと非常に繊細で味わいのあるお菓子でした。

贈答用などのお使いものには、逆にクルミッ子よりいいかもしれませんねー。

ただちょっと硬いので、紅屋の店員さんによると紅茶などに少し浸して食べる食べ方もあるそうです。なるほど〜

 

いい意味で期待を裏切られた素晴らしいお菓子でございました。

さすが鎌倉紅屋さん!

 

ではでは!